10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
22
24
25
26
27
28
29
30
31
“お山”ことひょうごアニマルサークルの山姥わんままの独り言~。。。
 2月24日
この前
いつも見逃げしてるある兄さんのブログで
こんな記事があったのを知りました。



今月6日、秋田市の県動物管理センターで、
県内で保護された犬18匹と猫18匹の殺処分の現場に立ち会った。
795afd55-s.jpg


 中には、やつれた体で6匹の子犬に授乳していた母犬(写真の犬達)もいた。
前日まで職員が譲渡先を探したが、見つからなかった。

 午前10時過ぎ、操作室で職員がボタンを押すと犬舎の壁が少しずつ動き出した。
さっきまで吠え続けていた犬たちは一斉に鳴きやみ、
小さなハコの中に追い込まれていく。 

 「耐えられる?」と加沢敏明所長が心配して声をかけてくれた。
「ペットとして飼われていたこの子たちの最期を看取(みと)る責任が人間にはある」
加沢さんの言葉を支えにした。

 炭酸ガスが送り込まれ、約20秒で犬たちは意識を失い始め、
約50秒後、最後の秋田犬が天を仰ぐように首を持ち上げて、倒れ込んだ。

 別室では、あの母犬と子犬たちが麻酔注射による処置を受けていた。
成犬は通常、ガスで処分されるが、最期は母子でとの職員の精いっぱいのやさしさだった。
導入麻酔で意識がもうろうとした母犬を職員がやさしくなでる。親子を隔てていた壁を取り去ると、
母犬はふらふらしながら子犬たちに寄り添い、2度目の麻酔で母子は眠るように逝った。

 昨年度、県内で処分された犬は620匹、猫はその倍以上の1314匹。
犬は10年前と比べ5分の1に減った。
センターでは、一匹でも多くの命を救おうと譲渡事業に力を入れているが、
活動が知られるに従い、
「引き渡し先を探してくれるんでしょ」
と安易に捨てに来る人も出てきた。

 しかし、職員は「ここは処分施設」と毅然(きぜん)とした態度で伝えるという。
譲渡対象となるのは、攻撃性がないなど厳しい検査を通り抜けたごく一部の犬猫だけ。
成犬や猫のもらい手はほとんどいないのが現実だ。

 「飼う前に家族で、この子と長くつきあっていくことを十分話し合ってほしい。
命と向き合う意味を良く考えて」
と加沢さんは言う。

 家に帰り、愛猫をいつもより強くほおずりせずにはいられなかった。

(2009年2月19日16時15分 読売新聞)


息が詰りました。

現実、人間社会にもいろいろとルールがあり生活事情もあり
手放さないといけなくなる場合もあるんです。
手放すことは
“仕方がない”
の一言で済まされることじゃ
いけないんですが、
胸を“ギュッ”と締め付けられるような別れがあることも

目の中に入れても・・・
と、最後まで胸に抱いて放せなかった方

わが子よりも・・・
と、家から何キロもある私たちのところまで来て
"最後にしてやれる散歩だから” と一緒に歩き
私たちの“最寄の駅まで送ります”の言葉に
泣きながら “その時間この子を撫でてやってください。”と
男泣きする方

私が食べれなくてもこの子だけは・・・
でも、もう限界・・・と言った方

床に泣き崩れ、
この子の寝る犬舎で一緒に寝るから、迷惑をかけないから一緒にここに・・・と
その子から離れれず
床に頭を落とし
“自分の不甲斐なさで迷惑をかけますがどうぞこの子を・・・”と、
身をちぎられるように、身内に抱えられて帰られて行く方

私も涙で言葉がなくなる
本当に悲しい別れもある中で

文章にもあるような
心無い、人がいることも
引き取って当たり前のような言い方で

一匹くらい増えても変わらないでしょ・・・とか

血統書もついてる犬をあげるのよ・・・とか

あんたのとこ引きとらへんのやったら保健所持ってくだけやし・・・とか

犬屋のくせに・・・とか

あたしが“カチンッ”とくるようなクソ憎たらしい(言葉悪くてすいません)
言葉を吐いていく人も中には・・・


でも、そのわんこには罪はないんです。

“あんたの、母ちゃんムカつくおばはんやね”

と、たまに愚痴ってしまうことも・・・

でも、クソ憎たらしいおばはんでも

その子にとっては一番の・・・

手放すとき、手放さなくてはいけなくなってしまったとき
もう一度、最初に出会ったときのこと一つでも思い出して欲しいですね。

小さいけど、人一倍なことも出来ないけど、一握りも助けれないけど
出来るなりにもう少しの間頑張ろうかな~。。。

ホントこんな施設がない世の中だったらいいですね。






スポンサーサイト
 *  分類 : 未分類
自動通知機能 : 0  *  伝言 : 2  *  記事編集  *  2009年02月24日(Tue) 17時24分
ママがんばってくださいv-207
2009年02月26日(Thu) 21時36分       編集
Re: タイトルなし
こんちわ~v-291
ごめんね~。盗んじゃったe-456

また、お邪魔しますね~。。。
2009年02月27日(Fri) 11時46分       編集






管理者にだけ表示を許可する  
自動通知機能
自動通知機能 URL
<%trackback?url>
プロフィール

わんまま

Author:わんまま
ドッグラン・ドッグカフェ・動物保護施設

NPO法人
ひょうごアニマルサークル

殺処分“0”を目指して
小さいながら子どもたちの幸せつなぎしています

里親募集の子たちの情報は
ブログでご紹介いたします
詳しくはお問い合わせください

所在地
〒651-1512
兵庫県神戸市北区長尾町上津3897-1
078-986-0819

最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク